神奈川大学工学部経営工学科

研究

教員

氏名 メールアドレス 内線・居室 関連リンク
松浦 春樹 内線3724
居室23-416
研究者情報
神大の先生

研究

研究分野 生産の計画と管理、生産の延長としてのサプライチェーン・ロジスティクス、生産マネジメント
研究題目 1. 環境の変動に対して頑健なスケジューリングの方法
2. 生産システムの頑健性、柔軟性、バッファの関係の研究
3. MRPシステムやリーン生産方式の特性解析に基づいた生産管理システムの設計論の構築
研究紹介 1. 変動しない環境を想定したスケジューリングの方法については膨大な過去の研究の蓄積があるのに対して、変動する環境を想定した研究は少ない。生産現場の環境は時々刻々変動しており、この種の研究が必要とされ、重要な分野として急速に発展しつつある。幸い下記文献1)のリファレンス回数が、最近になって増えてきており、この文献を土台に成果を拡大しようとしている。加工時間が変動する場合などについての、私の最新の成果は2)、3)である。
2. 都立科学技術大学故坪根斉教授は、参考文献4)を土台に柔軟性に関して活発な研究を行った。共同研究者であったことに鑑み、柔軟性に加え、頑健性と緩衝の3者相互間の関係を定量的に明らかにしたいと考えている。柔軟性に加え、頑健性、緩衝の相互関係を扱った研究は少ない。この分野での成果は5)である。多品種混合ライン生産における柔軟性と緩衝の関係について、研究を始めている。多品種混合ラインを緩衝(在庫)により切断することにより、前後のラインで投入順序を変更し、柔軟性を向上させる研究である。出始めた成果は6)、7)である。
3. 現行の生産管理システムをモデル化して要因間の関係を解析し、システムのパラメータを客観的に決めることができるようにすることを目的とする研究である。プッシュ方式とプル方式の特性解析と両方式をどのように使い分けるか、あるいは新たな生産指示方式の提案、期間山積計画と時点計画の特性解析と両方式をどのように使い分けるか、あるいは新たな負荷方式の提案、現行の生産管理システムは、それぞれどのような環境に適合するのかの検討などが含まれる。環境に応じた生産管理システムを工学的に設計できるようにすることが、上記一連の研究の究極的なねらいである。プッシュ方式とプル方式の使い分けに関する既存理論は、在庫寿命が無限との暗黙の前提下にあることに着目し、両方式の在庫寿命が有限な場合の使い分けに対して、研究を始めている。