神奈川大学工学部経営工学科

研究

教員

氏名 メールアドレス 内線・居室 関連リンク
松本 光広 内線3836
居室23-708
研究者情報
神大の先生

研究

研究分野 知能機械学、計測工学
研究題目 1. 自転車の車輪に生じる振れを修正するための作業支援装置
2. 物体の正面および側面を走査する二次元レーザ距離センサシステム
研究紹介 1. 自転車のホイールの組み立てにおいて生じるリムの振れを対象として、作業者が手でニップルを回転させてリムの振れを取るために、回転させるニップルの位置と回転量を作業者に指示する作業支援装置を開発した。回転させるニップルの位置と回転量を事前に予測するために、一つのニップルの回転量におけるリム全体の変位量の関係を明らかにした。作業支援装置は、ニップルの回転量およびリム全体の変位量における線形の関係を用いて、実際に計測したリム全体の振れに対して、振れを許容限界の範囲に収めるために、必要な回転させるニップルの位置と回転量を予測して、作業者に指示する。
2. 物体の正面および側面におけるレーザ光反射点の集合を同時に取得する二次元レーザ距離センサシステムを開発した。システムは、二次元レーザ距離センサおよび楕円に基づく鏡により構成される。センサから発振されたレーザ光を鏡に反射させることで、物体の側面におけるレーザ光反射点の密な集合を取得できる。また鏡を設置しない部分を設定して、物体の正面におけるレーザ光反射点の集合を取得できる。構成するシステムについて、物体の正面および側面におけるレーザ光反射点の集合を取得する仕組み、および構成したシステムにおける鏡の設計方法を提案した。実際の二次元レーザ距離センサおよび鏡を作成してセンサシステムを構成した。

※より詳細な研究室の情報はリンクサイトよりご確認ください。

研究室サイトはこちら