神奈川大学工学部経営工学科

教育

特色

本学科の教育には次の6つの特色があります。

  • モノづくり

    生産ライン、工作機械、自動倉庫、ピッキングロボット、セル生産システムなど先端の装置を用いて、モノづくりを体験学習します。

  • 経営管理

    世界規模での製品の調達から生産・輸送・品物の保管まで、サプライチェーンにおける企業戦略を立案する技術を身につけます。

  • 生産システム

    環境や人間を考慮したシステム設計技術や品質管理技術、生産管理技術、生産技術など、生産現場を快適にする技術を学びます。

  • 人間・環境

    ヒューマンファクターと環境を考慮したマネジメントについて学修します。
    人間工学やユーザビリティ、環境や労働安全などの学びを通じて、より理想的なモノづくりのあり方を追求していきます。

  • 情報システム

    調達・生産・流通・販売・ロジスティクスなどの情報システムの設計と、開発・実施・評価のできる技術を養います。

  • グローバル

    モノづくりとサービス分野で国際的に活躍する人材を目指し、現場で使える英語と中国語を修得します。

履修時間割

第1~2セメスター(1年次)では、主に全学科共通の教養系科目、外国語科目を中心に履修します。第3~6セメスター(2~3年次)は、下表の履修時間割例のように経営工学科の専攻科目を中心に履修し、4年次の卒業研究に向けて基礎知識を修得します。

第3セメスター(2年前期)の履修時間割
第5セメスター(3年前期)の履修時間割