神奈川大学工学部経営工学科

教育

経営工学と授業科目の関連

  1. 経営工学と授業科目の関連
  2. 科目名を選択すると説明が見られます。

  • 経営管理

    企業は、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の経営資源を効率的に活用し、経営活動を行なう必要があります。この科目では、特に「カネ」と「ヒト」を中心として、企業の資金調達から運用、そして組織やマネジメントに関わる知識を修得できるよう議論します。

  • マーケティング

    企業や組織が存続するためには、顧客にとって価値のある商品やサービスの企画・設計・開発・販売が不可欠です。この科目では、そのような組織活動における戦略や仕組み、プロセスなどマーケティングの基礎概念とデータに基づく統計的評価手法について学びます。

  • 確率統計学

    株価、外国為替レート、企業の財務指標といった社会に公開されているデータ、さらに企業が保有する顧客データなど大量のデータから意味ある情報を取り出すのが確率統計学の役割です。確率統計学の解析手法をその目的あった使い方ができるように、基本的な内容の理解を目指します。

  • 情報工学

    スマートフォンというコンピュータを誰もが持ち歩く現代、コンピュータは「すごい」道具だと多くの人が認めることでしょう。では、コンピュータはどのように「すごい」のでしょう?コンピュータの基本原理から「すごさ」の源泉や未来の可能性を考えられることを目指します。

  • 情報システム演習

    現代の経営工学ではヒト・モノ・カネを活用するために、情報を扱うシステムの利用が必要不可欠です。この科目では、経営工学におけるコンピュータを使った情報活用能力(リテラシー)と統計的なデータ分析能力の向上を目的として学習します。

  • オペレーションズリサーチ

    企業や組織が存続するためには、限りある資源(ヒト、モノ、カネ、情報)を効率よく使って最適な製品やサービスの設計・計画・生産を行う意思決定が重要です。オペレーションズリサーチでは、組織の最適な意思決定を支援する数理的技術を学びます。

  • システム設計論

    わたくしたちは、経営システム、生産システム、情報システムなど、多くのシステムを活用することで豊かな生活を送っています。この科目では、システムの概念を理解したうえで、社会に役立つシステムを創造するためのシステム設計手法を学びます。

  • 人間工学

    企業活動で生み出される製品やサービスには、人への配慮が欠かせません。安全で使いやすい製品やサービスの開発、働きやすい職場や生活しやすい環境の実現に向けて、人の身体活動や情報処理のしくみに適合できる人間を中心とした設計の基礎について学びます。

  • 先端製品製作技術

    21世紀における技術の発展と「もの」ができるまでの仕組み、科学技術の応用によって作り出される先端製品の製作方法、それら製品の事例について学びます。科学技術と新しく作り出される製品との関係を考える力を身に付けます。

  • 環境マネジメント

    生活・産業場面の照明・騒音・温熱環境など、環境条件は作業の安全・効率・快適性および作業者の健康にさまざまな影響を及ぼします。人間の諸特性を考慮した労働安全衛生マネジメントシステムの必要性を学び、働きやすい環境を考えていきます。

  • ロボット工作基礎

    ロボットの基本要素であるセンサ、アクチュエータ、マイコンなどについて学び、実際にロボットを製作することにより、機械要素・機構、電子回路の基本的な知識を理解します。実際にロボットを動作させることにより、基本的な制御の仕組みを理解します。

  • 国際コミュニケーション

    語学を駆使して海外で活躍するために、経験豊富な講師を迎えて、異文化コミュニケーションを通じて国際的に活躍する人材を育てることを目的としています。さらに、外国人とのコミュニケーションを図るためマレーシアでの語学研修と連携して行っています。

  • 生産管理

    生産管理とは、顧客に対し「必要な製品」を「必要な時に」「必要な量だけ」「必要な場所に供給する」ために、生産活動の計画と管理を行う経営機能です。この科目では、各種生産方式を概観した上で、資材調達や在庫管理、生産進捗管理等、生産管理の原理原則について学びます。

  • 生産マネジメント

    この科目は、経営工学の原点となるIE(Industrial Engineering)諸手法を紹介し、現場改善について学びます。また、広義の生産マネジメントとして、需給計画等生産拠点の運営方法や、グローバル的に展開している生産・販売拠点間の協調マネジメントについても学習します。

  • 原価管理

    企業における経営資源である「カネ」にかかる情報を中心として、本講義では、企業の原価計算の手続き、そして原価管理に関する広い知見を得ることで、原価情報を用いた管理会計(意思決定・業績評価会計)に関わる広範な知識を修得できるよう議論します。

  • 生産システム工学演習

    わたくしたちが豊かな暮らしを送るには、低価格で高品質の製品を社会に提供する生産システムが欠かせません。この科目では、無駄のない生産システムの組み立て方と高品質な製品を生み出す品質管理手法を、実験用生産ラインを利用しながら実践的に学びます。

  • サプライチェーンマネジメント

    ものづくりの活動においては、調達―生産―販売と様々な要因が有機的に連鎖しており、それらのプロセスを理解することは、生産システムの設計・管理において大変重要です。この科目では、サプライチェーンマネジメントに関する基礎的内容と問題解決法を学びます。